雑記

SKIMAでイラスト制作を請け負う手順

先日初めてSKIMAでイラストを納品したので、今回はそのことについて備忘録を残しておきたいと思います。

基本的には公式サイトに載っていることの焼き直しにはなりますが、公式だけでは分かりづらいところもあるので、私が請け負った時のことを思い出しながら書いていきたいと思います。

SKIMAで依頼が来た話はこちらから。

SKIMAに登録したら即依頼がきた話 というわけで、SKIMAに登録してみました。 基本的にお金が発生するものには版権絵は使わないつもりだったので、載せ...

SKIMAからの依頼を受ける手順

出品する

まずSKIMAに登録してプロフィールを整えたら、出品をしてみましょう。

出品するを押すと、自分のどのスキルを出品するかを選びます。

イラストならイラストでどんなもの(似顔絵なのか、SNSアイコンなのかなど)、他にもデザインやオリジナルのキャラ販売なども選択できます。

次へ進んだら、商品タイトルや内容を決めていきます。

同じような商品を出品している人を参考に、値段や文章を決めてしまいましょう。

値段や画像を設定したら完了です。

書いておいた方が良い文面

私の商品ページをみてもらうと分かるのですが、制作の流れの一番最初に「メッセージにてご依頼の詳細をお送りください。」というものがあります。

これは、いきなり商品をカゴに入れる前に、一度誰でも送ることができるメッセージを送ってねというやつです。

なぜこんなことをするかというと、イラストと言っても描き込み量や背景の有無、デザインの指定などによって労力が違いますよね。

その辺りの確認をした上で商品を購入してもらわないと、思っていた労力に値段が見合わないということが起こり得ます。

依頼されたものの、こんな絵描けないよ〜となっても困りますしね。

ですから、まずはワンクッション相手とやり取りをして、お互い納得した上で商品の発注をしてもらう方が良いでしょう。

私もここで著作権の話をさせていただきました。

依頼が来たら

依頼という名のメッセージが来ると、登録したメールアドレスに連絡がきます。

普段からSKIMAをチェックしておかないと見逃すのでは!?という心配はありません。
設定次第かもしれないので、自分の設定は確認しておいてください。

メッセージが来たら、右上のバーにあるメッセージに①のバッジが表示されます。

赤で囲ってあるところですね。

ここで、やり取りをすることができます。

画面はチャットみたいな感じですが、相手から返信が届くとメールに連絡が入りますので見逃す心配はありませんでした。

ここで、お互い納得のいくよう情報の擦り合わせをしてしまいましょう。

画像を使ってイメージの擦り合わせをするのも良いと思います。

もしここで「思っていたよりも作業に時間がかかるので、もう1000円上げたい」ということであれば、メッセージでやり取りをしている間に商品登録の方で1000円上乗せした金額のものを準備しておきます。

商品を購入してもらう

描くものが決まったら、商品の購入をしてもらいます。

購入が確定したら、メールボタンの左側のチェックに印がつきます。このボタンは『やること』です。

購入申請が来ているはずなので、そこで最終の確認です。

「拒否」「日程調整」「承認」ができるようになります。

取引を承認したら、タスクの一覧がみられるようになります。

相手が支払いを済ませるまではこちらでやることはないのでこんな画面になるはず。

やることがない!!!!!!笑

支払いがされたら制作開始

相手が支払いを済ませたら、ようやく正式に受注したことになります。

次にやることが「納品」になります。

過程をすっ飛ばしてくる。

でも、いきなり納品はできないと思うので、取引状況の右側のタブの「トークルーム」を活用し、ラフの確認などのやり取りをします。

各々の作業スケジュールに従って依頼者とやり取りをしてください。

納品について

納品についても、特別な納品方法があるわけではありません。

トークルームのファイル送信を利用して、完成原稿を送ってください。

完成原稿を送る前に、必ず「完成原稿を送ります。これにて納品とさせていただきます。」というような連絡は入れておいた方が確実だと思います。

「え?終わった??納品された??」みたいなトラブルがないとも限らないので。

作品を送ったら取引状況のところから「納品報告」をします。

ここまで終わると、もうやることはありません。相手が確認をするまでは待機です。

相手が納品を確認した時点で売り上げが確定します。

相手が確認ボタンを押さない限り、こちらは売り上げが反映されませんのでお気をつけて。

どうしても連絡がない場合は催促することも頭においておきましょう。

評価する

相手が確認をしたら、これで取引終了になります。

最後に相手の評価をしてあげましょう。相手も自分の評価をしてくれます。

 

まとめ

私の場合は、相手の方がとても対応の早い方だったので、あっという間にやり取りをして納品まで気持ちよく終えることができました。

ただし、これは個人とのやり取りになるので、本当に何があるかわかりません。

トラブルにならないためにも、普通のやりとりよりかはもう少し慎重に、丁寧に取引を進める方がお互いのためかもしれません。

それをしても問題のある人は即運営に連絡しましょう!!!!!

地雷は間違いなく存在する!!!!!!!!

という感じで、SKIMAの使い方を簡単に説明していきました。

SKIMAの公式サイトにも使い方はあるので、わからないところはそちらで確認してみてください。

 

それでは今日はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました〜!!

LINE公式アカウントを開設しました

LINE公式アカウントで更新の通知を受け取れるようになりました!
ブログの更新を見逃したくない方は、是非お友達登録よろしくお願いします!

 

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください